格安で行く初めての海外旅行

初めて海外旅行をする時の準備からおススメ人気スポットなどをご紹介します。

エジプトの世界遺産について

エジプト世界遺産ギザの大ピラミッドとは、ピラミッド建築の頂点とされるクフ王のピラミッドで、世界の七不思議で唯一現存する建造物です。エジプトのピラミッドは、エジプトに暮らす人々だけではなく、私たち日本人を含む人類全体にとって同様に大切な文化遺産なのです。
なお、最近選定された「新・世界七不思議」では、落選しています。世界遺産とは、1972年のユネスコは総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づき、人類が共有し普遍的な価値、後世に残す意味を持つものを指します。世界遺産の中には、他国の援助なしでは保存するための資金が不足し、崩壊の危機に瀕しており、ひどければ消滅してしまいそうなものも多く含まれているようです。

エジプトの「メンフィスとその墓地遺跡」から「ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」は、1979年に「文化遺産」 に登録されました。世界4大文明のひとつ、ナイル川の恵を受けた豊饒のこの地は約3000年にわたる古代エジプトの繁栄を支え、紀元前3000~2500年前後、エジプト王国ファラオの確立で数多くのピラミッドが建造されました。

一般にピラミッドは「王の墓」と言われていますが、その真相は実は定かではありません。ギザの三大ピラミッドとは、「クフ王のピラミッド」、「カフラー王のピラミッド」、「メンカウラー王のピラミッド」のことを指し、特に完成度、保存状態が優れています。中でも建築の頂点とされる「クフ王のピラミッド」は、建造目的や内部構造の点においても、世界の七不思議で唯一現存する建造物として慎重されています。

また、王家の偉大さのシンボル、ギザの「守り神」として建造されてる「スフィンクス」は、ピラミッドより200年前から存在しています。異なる文化にも理解を深め、遺跡や文化財が生まれた背景や歴史を学び、自然の素晴らしさから受ける感動を多くの人々と分かち合うのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://travelbargain.blog25.fc2.com/tb.php/23-ef999348
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール

格安海外旅行

Author:格安海外旅行
このブログは海外旅行の情報をご紹介しているブログです。初めて海外旅行へ行く準備から人気スポットなどを私なりに一生懸命頑張って調べたり、自身の海外旅行の経験などを語っていますが、もし、あなたが調べている海外旅行についての内容と合わなかった場合はごめんなさい(笑)随時海外旅行に関する内容を追記していきますので、少しだけ待ってくださいね^^人気ブログランキング

ソーシャルブックマーク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー