格安で行く初めての海外旅行

初めて海外旅行をする時の準備からおススメ人気スポットなどをご紹介します。

インドの世界遺産について

インド世界遺産タージマハルは、世界でもっとも美しい霊廟とよばれるインド北部アーグラにある総大理石造の墓廟建築です。世界遺産とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づき、人類が共有し普遍的な価値、後世に残す意味を持つものを指します。
文化財保護法や自然環境保全法、自然公園法などで保護されている物件であることが条件となっているようです。インドタージマハルは、1983年に「文化遺産」に認定されました。ムガル帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーン(在位1628~1658)は王妃を溺愛しており、「ムムターズ・マハル」(宮廷の選ばれし者)と名づけました。

王妃は14人の子どもを生みますが、やがて皇帝より早く「ムムターズ・マハル」が36歳の若さで死去すると、死を深く悲しみ、記憶を永遠に留めるために墓廟が建てられました。さらに個人やNPO、地方自治体からではなく、国が推薦していることが必要となっているようです。それがインドを代表する世界遺産タージマハル」で、皇后の名から変化した(宮廷の冠)という意味を持ちます。

建築物は、1632年に着手され、22年の歳月をかけて造られました。全てが白大理石で、細かい彫刻が至る所に施されています。世界遺産は、互いの国を知り合う格好の手段にもなり得るようです。世界遺産は、全世界共通の財産という位置付けがあり、その保存を協力して実施することによって、国際協力関係を推し進める目的も有しているようです。

また、左右対称で均整がとれ、ムガル建築としての伝統を引き継ぎ高めた廟建築です。敷地は17ヘクタールにで、その庭園の中央の池に白大理石の映る廟は、とても幻想的で美しく、当時の年代記に「その偉容と美しさは、天上の七つの楽園をも凌ぐ」と記されています。皇帝はヤムナー川の対岸に自らの霊廟を黒大理石で造り、タージ・マハルと橋でつなぐ計画であったと言います。

しかし皇帝は三男によってアーグラ城に幽閉され、その夢は果たせませんでした。日本以外の国では、中国にある万里の長城や、フランスのベルサイユ宮殿などがその認定を受けているのです。
インドのホテルを地図から探す
スポンサーサイト



コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://travelbargain.blog25.fc2.com/tb.php/24-7ad8ad41
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール

格安海外旅行

Author:格安海外旅行
このブログは海外旅行の情報をご紹介しているブログです。初めて海外旅行へ行く準備から人気スポットなどを私なりに一生懸命頑張って調べたり、自身の海外旅行の経験などを語っていますが、もし、あなたが調べている海外旅行についての内容と合わなかった場合はごめんなさい(笑)随時海外旅行に関する内容を追記していきますので、少しだけ待ってくださいね^^人気ブログランキング

ソーシャルブックマーク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー