格安で行く初めての海外旅行

初めて海外旅行をする時の準備からおススメ人気スポットなどをご紹介します。

カンボジアの世界遺産について

カンボジア世界遺産アンコールワットは、カンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、遺跡群を代表する寺院建築です。大伽藍と美しい彫刻からクメール建築の傑作と称えられ、カンボジア国旗の中央にも同国の象徴として描かれています。世界遺産条約では、人類共通の遺産である優れた文化遺産や自然遺産を損傷や破壊から守るため、条約締結国からの拠出金からなる世界遺産基金によって、各国の保護対策を支援することが定められているのです。
世界遺産とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づき、人類が共有し普遍的な価値、後世に残す意味を持つものを指します。カンボジアの「アンコール・ワット」と「遺跡群」は、1992年の「文化遺産」に登録されました。12~13世紀にカンボジア王朝の象徴として、スーリヤヴァルマン2世によって建てられました。

ヒンドゥー教最大の寺院であり、栄えたアンコール王朝の都城でもあります。アンコール・ワットとは「大きな寺」という意味で、環濠を含む大きさは東西約 1,500m、南北約 1,300mもあります。「アンコールワット」は、インドの影響を強く受け、ヒンドゥー教と仏教の融合文化の「クメール文化」を表すレリーフが廊下や壁にほどこされており、回廊は「陸と山」、周囲の堀は「海」を表しています。

また、アンコール遺跡群の「アンコール・トム」の巨大な5つの城門も歴史的価値が高く、世界一長大な浅浮彫や、巨大な彫刻「バイヨンの微笑み」は特に有名です。802年に創設され、1113年に完成した世界最大の宗教建築「アンコール」ですが、戦争に翻弄され続けた過酷な歴史を持っています。現在では平和を取り戻し、国際支援による保護・修復作業が今なお、続けられています。

また様々な世界遺産の保全・修復の有様を参考にして、身近な自然や文化財をどう守れば良いか、どう活かせば良いのか、などということを学ぶことも出来るのです。
カンボジアのホテルを地図から探す
スポンサーサイト



コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

この記事へのトラックバック
平泉、世界遺産“落選” ユネスコ決定 日本初の登録延期
 カナダのケベックで開かれている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は6日(日本時間7日午前)、日本政府が推薦した「平泉の文化遺産」(岩手県)について、世界遺産(文化遺産)としての価値の証明が不十分として、「登録延期」とすることを決めた。事...
トラックバックURL
http://travelbargain.blog25.fc2.com/tb.php/25-a8f8e340
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール

格安海外旅行

Author:格安海外旅行
このブログは海外旅行の情報をご紹介しているブログです。初めて海外旅行へ行く準備から人気スポットなどを私なりに一生懸命頑張って調べたり、自身の海外旅行の経験などを語っていますが、もし、あなたが調べている海外旅行についての内容と合わなかった場合はごめんなさい(笑)随時海外旅行に関する内容を追記していきますので、少しだけ待ってくださいね^^人気ブログランキング

ソーシャルブックマーク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー